借金が膨らんだら弁護士に債務整理の依頼をしよう

弁護士

消費者金融が運営しているキャッシングや、クレジットカード会社からの借り入れ、闇金から融資を受ける方法など近年では様々な借金の形があります。

どのような借金の仕方であっても、毎月の返済を利息を付けて行わなければなりませんので、返済計画を立てておかなければ、毎月の返済金額が大きく膨らんで支払っていくことが難しくなってしまいます。

複数の金融業者から融資を受けている状態であれば、多重債務者ということができますので、自分自身で状況の改善ができないのであれば、早めに弁護士に債務整理の相談をすることがおすすめです。

借金問題を取り扱っている弁護士は多く、法律事務所に相談すれば対応してもらえます。

弁護士

借金問題を解決する方法としては債務整理という手続きがあり、自己破産や任意整理、個人再生などが代表的な方法と言えます。

収入が少なくて借金額が膨らんでしまっているときには、債務整理の中でも自己破産を行うことが最適であると判断できます。

自己破産は地方裁判所に申し立てを行う手続きで、裁判所に債務者が借金を返済していく能力が無いと判断されれば、抱えている全ての借金の返済を免除してもらうことも可能なんですね。

ただし、自己破産が認められると、持っている多くの財産を手放すことになりますので、慎重に手続きを行うか検討してからのほうが良いと言えます。

なお、持ち家がある場合には、個人再生を活用すれば自宅を手放さずに、借金を整理することもできますので、そのような方法を検討してみるのが良いでしょう。

また、弁護士に依頼できる債務整理の方法は次のウェブサイトで紹介されていますので、その内容を一度チェックしてみると参考になるはずです。

一定の安定した収入を得ていて、住宅や自動車などの日常生活を過ごしていく中で必要な財産を保有しているときには、債務整理の中でも任意整理の方法を活用できます。

任意整理は借り入れ先の金融業者と依頼を受けた弁護士が和解の話し合いを行う方法で、借金額の減額などを認めてもらうことで、3年ほどの期間で完済を目指す手続きとなります。

任意整理であれば持っている財産を処分することなく、借金問題の解決を目指せる手続きとなることから、自己破産よりも行う人が増えている方法と言えます。

弁護士に相談することによって、債務者にとってどのような債務整理を行うことが最適なのか判断してもらうことができるメリットがあります。